calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

楽天検索

Amazon

ブログランキング

ブログ村

新しいスタイルの模索。そして悶々とした日々

0

    20190407_221752.jpg

     

    今年さっぱり良い出発を切れていないNobです。

     

    体調崩し気味で謎の発熱もするんですが

     

    風邪ではなくアレルギーらしいです。。

     

    まぁ体調がイマイチなワケです。

     

    釣りの方も、

     

    あまり行けてはないですが

     

    全く結果に繋がってません。

     

    と言うのも

     

    あれもできるんじゃないか?

     

    こういうのもあるんじゃないか?

     

    そういう新しい釣りの模索を

     

    今年はやっていて迷走しているのが現実です。

     

    その内容とはというと

     

    磯でのナイトゲーム。

     

    マイクロベイトパターンに対しての考察。

     

    春は基本、

     

    自分の中では

     

    稚鮎やマイワシが入っているポイントで

     

    朝マズメを狙うワケですが

     

    今年は色々と試しています。

     

    今年自分が何かの手がかりを

     

    掴みたいのが

     

    春の稚鮎パターンでの

     

    朝マズメパターンのみでなく

     

    夜磯でのシーバス狙い。

     

    又、

     

    和歌山では確立されづらい

     

    バチ抜けパターンですが

     

    数回レベルになるでしょうが

     

    大阪湾に出向いての

     

    バチ抜けシーバスパターンへのチャレンジ

     

    をしてみたいですね。

     

    更に来るであろう春の降雨による

     

    河川増水による

     

    リバーシーバスゲーム

     

     

    冬サーフにおける砂ヒラゲームへの可能性。

     

    そして大型フラットフィッシュも

     

    狙いたいなと感じてきました。

     

    朝マズメ主体のゲームに

     

    重きを置く事が多い

     

    自分のソルトゲームですが

     

    IMAG0831.jpg

     

    和歌山では行う人が少なく、

     

    未開拓で終わる事が多いであろう

     

    ナイトゲームの可能性を広げたいわけです。

     

    その中で、

     

    増水パターンは例年

     

    休日に良いタイミングが来る事が少なく、

     

    平日でも関係なく

     

    降雨があれば仕事終わりにささっと

     

    ポイントに入って

     

    タイミングを狙う必要がある為

     

    今まではなかなか時間を取れなかったのですが、

     

    車を変えて全タックルを

     

    常に車内に用意できる事が可能になった今、

     

    今週から新たな釣りパターンを

     

    構築するべく用意を始めています。

     

    具体的には

     

    IMAG0834.jpg

     

    この画像にように使うルアーを

     

    分かりやすく保管し

     

    平日の仕事終わりでも

     

    すぐに釣りに行ける様に

     

    準備しておくのが

     

    大事なんじゃないかと考えました。

     

    そこでこの様に、

     

    IMAG0833.jpg

     

    釣りパターンに合わせて

     

    ルアーボックスを整理する事から始めました。

     

    将来的には時期限定でしょうが

     

    降雨による増水に頼らない

     

    ナイトヒラゲームのパターンの

     

    確立につながればと考え、

     

    ポイントの絞り込みも行っています。

     

     

    サンデーアングラーにとって

     

    デカイ魚をもっと釣りたい

     

    朝マズメは青物に専念したい

     

    こういう考えになると

     

    やはりナイトゲームを如何に

     

    自分の物にするかが重要な気がしています。

     

    ソルトゲームを始める年齢が遅く

     

    もう40歳になる自分が

     

    挑戦するにあたり将来の事も考えて

     

    20190331_102328.jpg

     

    ヒラスズキもナイトゲームで

     

    釣りたいと思いました。

     

    磯ヒラにも挑戦はしており

     

    小さいながらも釣果はありました。

     

    いずれもメジャーポイントですが

     

    河川と同じく波の払い出しの流れを

     

    感じての釣りだと感じています。

     

    激戦区の南紀地磯においては

     

    如何に早くポイントを取るか?

     

    という対人間のゲームである側面も あります。

     

    エキスパートの方は穴場なポイントを

     

    自分のモノにして独自の方法で

     

    開眼されていますが、

     

    私が開眼する頃、  

     

    その年齢でアクティブに楽しめるか?

     

    そんな考えの元、

     

    増水パターンでの

     

    ナイトゲームに考えを移し

     

    チャレンジしたところ、

     

    20190329_134047(1).jpg

     

    サイズも良かった為そちらに考えが

     

    傾倒している感じです。

     

    さて、

     

    今は春先ですが

     

    今年は少し変わったパターンになっており、

     

    インスタグラムやネットでも

     

    大々的に情報が出ているので

     

    もう書いてしまいますが

     

    紀北、加太でスズキも青物も

     

    めちゃくちゃ釣れてました。

     

    友人も過酷な場所争いに揉まれ釣りあげています。

     

     

    じゃあ俺も!

     

     

    となるのが普通だと思います。

     

    自分としては、

     

    それで釣れても

     

    わくわくもドキドキもないし

     

    やっぱりな! という感動もないし。。

     

    天の邪鬼モードに入ってます(笑)

     

     

    だって通年ならこの時期、

     

    自分の中で絶対に

     

    セレクトしないポイントなのですから。

     

    釣れなくても

     

    自分の納得のいく釣りがしたい。

     

    そして自分らしいパターンを見つけだしたい。

     

    そう思い、

     

    砂ヒラの可能性も踏まえ

     

    年間のシーズナルパターンを

     

    編集し直す事にしました。

     

    新しい自分の釣りをみつけられたらと思います!

     

    20190306_020331.jpg

    コメントはPC表示の時のみ

    閲覧、投稿可能です。

    スマホで当ブログを閲覧されており

    コメントを入れたいという優しい方は

    そのままサイト最下部まで スクロールして頂き、

    PC表示に切り替えをタップしていただければ

    コメント投稿可能です。

    サイト閲覧履歴をクリアすると

    スマホ表示に戻す事ができます。

    よろしくお願い申し上げます。


    コメント
    素晴らしい心意気ですね!
    夜のヒラスズキはデカいのが出やすいので、私も和歌山で開拓したいなぁとは思っていますが、非常に難しいテクニカルな釣りなので、なかなか実行に移せていません(笑)
    • TAKU
    • 2019/04/09 6:31 AM
    TAKUさん、コメントありがとうございます!
    確かに難しい側面はあるんですが、
    不可能ではないんじゃないかなぁと
    思ってます。
    メバリングやってたらシーバスが。。
    とか
    増水後の河口でシーバスが。。
    とか
    ナイトでシーバスが狙えるパターンを当てはめて
    OKだと思ってるんです。
    ただポイントが限定的だったり
    色々あるので、そこを理解していきたいなと
    思っています。
    • Nob
    • 2019/04/09 10:36 PM
    新しいスタイル。素晴らしい試みですね!

    自分のライフスタイルの中で、Nobさんが今後更に釣りを楽しむために考えられた結果かと思います。

    色んな季節や条件がある中で、臨機応変にでかい魚を狙うアクティブなスタイルですね!

    最初は難しい場面も多いかと思いますが、必ず花開くと信じております。
    にゃがさんコメントありがとうございます!
    魚って色々な魚がいて。
    情報があれば釣れる魚もいれば
    条件が合わないと釣れにくい魚もいて。。
    まぁスズキ系が後者になるんですが、
    そういう条件をもう少し幅広くできたらと思い
    出来る範囲で試してます。
    お互いまた情報交換しましょーw
    • Nob
    • 2019/04/11 9:56 PM
    コメントする