calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

楽天検索

Amazon

ブログランキング

ブログ村

ヒラスズキロッドのススメ

0

    20181023_201616.jpg

     

    はー。。

     

    最近思うような釣果に恵まれていない Nobです。。。

     

    広範囲で魚が釣れている状況でもなく

     

    ピンポイントで魚が釣れている状況で

     

    当然、凄い人が集中しますね。。

     

    そこで穴場探しでもやってみるかと思い、

     

    夕方に釣行するも

     

    何故か警察の方にやめた方が良いよと止められたり。

    参考サイト→コチラ

    ※詳しい事はコチラのサイトの

    一番下の欄に書かれているので、

    当サイトでは敢えて書きません

     

    急いでポイント変更して

     

    別の場所に行くも

     

    20181023_200841.jpg

     

    凄い波。

     

    それこそ気分はヒラ狙い(笑)

     

    波が当たる面でミラクルがないかやってみます。

     

    軽くナイトゲームまでサーフで行うも

     

    太刀魚がかかるのみ。

     

    20181023_201018.jpg

     

    シーバスが来ないかな?

     

    と思いましたが考えが甘かったです。。

     

    次の日は、中紀の磯へ。

     

    20181023_200937.jpg

     

    先日と同じ考えで風表、

     

    波が当たる磯に行きました。

     

    前日に比べて波は収まりつつありましたが、

     

    20181023_200719.jpg

     

    残念ながら太刀魚だけしか反応がありませんでした。。。

     

    この日は新しいウェーディングシューズを

     

    使用したのですが、

     

    20181023_115648.jpg

     

    グリップも良いし 歩きやすく、軽かったですね!

    キャラバンの記事は→コチラ

     

    良い魚は釣れなかったけど

     

    20181023_075325.jpg

     

    のんびりロッドのコーティングや

     

    ルアーのフックチェック等

     

    まったり過ごしました。

     

    さて良い釣果報告もできなかったので

     

    タックル考察に関して書きたいと思います。

     

    今回記事に書いた

     

    サーフ〜磯までタックルは全て

     

    20181023_200527.jpg

     

    テイルウォーク  ハイタイドHIRA 110MH

    バイオマスターSW 5000XG

     

    の組み合わせでした。

     

    ちなみにラインは PE2号 

    リーダーはフロロ10号

     

    このタックルだけで投げたルアーは

     

    これらのルアー。

     

    20181023_120452.jpg

     

    鉄板バイブ〜中型ダイビングペンシル

    まで色々と投げてます。

     

    これだけの種類をワンタックルでこなせるのは、

     

    本当使い勝手良いんですよね。

     

    青物タックルではこうはいきません。

     

    小磯、サーフ〜磯場までのエリア。

    メタルジグ50gまででボトムが取れる。

     

    この2点にはまるなら、

    ヒラスズキロッドは万能といえます。

     

    河川〜港湾、サーフの 軽量バーサタイルが

    シーバスロッドのMパワーだとすると

     

    ヒラスズキロッドは

    中量級バーサタイルロッドと言えるでしょう。

     

    ではヒラスズキロッドならなんでも

     

    良いのかと言うとそうでもなく。

     

    具体的に言うと 50gまで扱えて、

     

    張りのある11ft位までのヒラロッドが好ましいですね。

     

    さて私のハイタイドに関して紹介すると

     

    11ftの長さを感じさせない取り回しの良さが光ります。

     

    というか、実際比較しましょう。

     

    20181023_075438.jpg

     

    右がムーンウォーカー 106M

    左がハイタイドHIRA 110MH

     

    長さを比較してみますと

     

    20181023_075308.jpg

     

    ロッドエンドを揃えるとガイド1個分強

     

    くらいの長さしか変わりません。

     

    20181023_075530.jpg

     

    更に、リールシートの位置を揃えると

     

    更に差は縮まります。

     

    20181023_075240.jpg

     

    ガイド1個分位ですね。

     

    こんな位の差しかないんです。

     

    シーバスロッドと大差ないでしょ?

     

    またハイタイドは張りがあるので

     

    テイクバックの時にボヨーンと後ろにだらしなく、

     

    しなりません。

     

    ですので、

     

    後ろに木や岩盤などがあっても当てにくいです。

     

    最近でいうと、

     

    沖堤防でも使用しましたが

     

    使いやすかったですね!

    記事は→コチラ

     

    ヒラスズキを狙うわけでなくとも 青物を狙いつつ、

     

    シーバスも。 そういう感じであればオススメです。

     

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    エイテック テイルウォーク ハイタイドTZ S110MH
    価格:41472円(税込、送料別) (2018/10/25時点)

     

    一度、先入観を捨てて

     

    店頭にて触ってみてはどうでしょうか?

     

    20181008_123541.jpg

    コメントはPC表示の時のみ

    閲覧、投稿可能です。

    スマホで当ブログを閲覧されており

    コメントを入れたいという優しい方は

    そのままサイト最下部までスクロールして頂き、

    PC表示に切り替えをタップしていただければ

    コメント投稿可能です。

    サイト閲覧履歴をクリアすると

    スマホ表示に戻す事ができます。

    よろしくお願い申し上げます。


    コメント
    求めているもののど真ん中なので、非常に参考になりました(笑)

    サーフロッドも考えましたが、パワーなども考えるとやはりヒラロッドが良さそうですね!
    しかし、予算は3万程度で考えているのですが、ヒラロッドって高いので選択肢が限れられてきますね(^_^;)

    色々と悩んでみます!
    にゃがさん、コメントありがとうございます!
    サーフロッドも良いと思いますが、
    青物寄りにするのか、シーバス寄りにするのか
    になってきますね。
    1本だけ!と言われると
    ヒラロッドにするかなぁ。。
    良いセレクトできたら、また記事で紹介してくださいねー(&#3665;&#8226;&#768;&#12610;&#8226;&#769;)&#1608;&#10023;
    • Nob
    • 2018/10/25 11:52 PM
    ヒラロッドも今や色々ありますよね&#12316;!
    少し気になるのですがガイド絡みどうですか?
    自分は磯ヒラスズキの場合11ftロッドだとフロロ3ピロ取るんですが風が強くて軽いルアーだとガイド絡みが頻発します...
    もしオートマチックに投げれるのであればかなり魅力的ですね!
    ママボーイさんコメントありがとうございます!
    リーダー長めに取ると、ガイド絡みはケアしないとなりますね。。。
    自分の場合はリーダーは1ヒロにして、
    ガイドには入れてない事が多いですね。
    特にこのハイタイドに使っている
    トルザイトリングは内径が小さく、
    長めのリーダーの使用には向いてない気がします。
    自分の諸先輩方は昔の古い、内径の大きいガイドの
    モデルを使ったり、ロングロッド(16ft等)を
    使用して長めのリーダーにしていますね。
    最近ではゴーフィッシュさん等が出していますね。
    こうなると話が脱線しちゃいますが(汗)
    和歌山は浅い磯で、そこまで根が荒くないので
    ショートリーダーの方が今は多いですね。
    ドン深で根の荒い磯では根ズレの発生しやすい
    状況も多いと思われます。
    立ち位置も選べない磯が多いと思いますし。。
    個人的には賛否両論あるメーカーですが
    無理が効いて、ガイドの内径も考えて出してそうな
    メーカーとなるとヤマガさんかなと思いますし、
    テイルで言うと前モデルのラッシュウェーブの方が
    青物寄りのセッティングでガイドも大きく、
    重いのが難点でしたが、パワーもあって良かったです。
    いい回答できなくて申し訳ないです。。
    結論!
    軽くサミングしてバタツキ抑えるなどのケアをしないと
    テイル等が採用しているトルザイトリングでは絡みは発生しやすく、長めのリーダー使用でガイド内に入れる場合は向いてない気がします(。+・`ω・´)キリッ
    • Nob
    • 2018/10/28 9:24 AM
    ガイド絡みは永遠の課題ですね...
    最近ではベイトを用いる方も多いようですが...
    自分のいいガイドのロッドを見つけたらぜひお伝えさせていただきます(笑)
    ママボーイさん
    セカンドコメントありがとうございます!
    九州の方等は、
    場所的に長いリーダー取る方が
    多いようですねー。
    磯ヒラでのショートロッドとベイトリールの
    組み合わせは意外に悪くないみたいです。
    フックを太軸にしてゴリ巻きファイトが
    基本みたいですが、
    弾道低めのキャストもしやすく
    ベイトタックルに変える方が増えてますね。

    良いガイドセッティングのロッドあれば
    是非!教えてください!
    • Nob
    • 2018/10/30 4:26 AM
    コメントする