calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

楽天検索

Amazon

ブログランキング

ブログ村

友ヶ島 モンスターハント!

0

    20191201_090950.jpg

     

    先週ですが、

     

    またまた友人と友ヶ島に行ってきました。

     

    20191201_091916.jpg

     

    今回は天候も良く、暖かい。

     

    20191201_091812.jpg

     

    早くもリゾートフィッシングな予感(笑)

     

    20191201_091716.jpg

     

    着いてそうそう友人が青物ヒット

     

    そこからナイトに差し掛かると

     

    20191201_092607.jpg

     

    なんと真鯛!!

     

    自分の中では今まで、

     

    真鯛は春先、稚鮎についた個体をミノーで釣る

     

    という印象でしたが

     

    この島ではナイトでボトムを攻めると

     

    真鯛が釣れる模様。

     

    小さめのルアーをメインに操る友人は

    この島と相性が良い様です(笑)

     

    友人は何個もルアーをロストしながら

     

    真っ暗な海にバイブレーションにて

     

    リフトアンドフォール。

     

    するとまたまた、

     

    20191201_092841.jpg

     

    モンスター真鯛が!

     

    20191201_092653.jpg

     

    バイブレーションで

     

    真鯛が釣れるとは聞いたけど、

     

    今回本当なんだと勉強になりました。

     

    で、

     

    今回、

     

    自分が狙いたかったのは

     

    デカイシーバス。

     

    それも体高のあるシーバス。

     

    真鯛に効くルアーも持っていないし

     

    そちらは友人に任せて

     

    黙々と駈け上がりのラインを

     

    潮流になじませながら

     

    20191201_092450.jpg

     

    サスケ烈波140を巻きます。

     

    今日もだめかなぁ。。

     

    最近さっぱりだなーと思っていると

     

    ドスッと重いバイトが!

     

    反射的にガッチリフッキング!

     

    ハイタイドのパワーで強引に寄せて

     

    岸にずりあげます。

     

    20191201_091632.jpg

     

    狙い通りに仕留めた達成感が半端ない。

     

    20191201_092300.jpg

     

    サイズはメジャーがたるんでますが

     

    20191201_092144.jpg

     

    きちんと計測すると81cmでした。

     

    ギリギリランカーといった所でしょうか?

     

    正直、 もうこれで良し!

     

    と満足してしまい

     

    友人とビールタイムに(笑)

     

    20191201_092418.jpg

     

    自分1人だとカップ麺で済ませるのですが

     

    友人は以前からこういう外メシに憧れていたようで、

     

    20191201_092343.jpg

     

    ビール片手になんとカレーを作る事に(笑)

     

    アルファ米でのカレーでしたが

     

    20191201_092532.jpg

     

    無人島カレーという事で

     

    今年で一番美味いカレーでした(笑)

     

    U君、食料調達あざっす!(笑)

     

    その後自分は仮眠。。

     

    というか

     

    ガッツリ就寝(笑)

     

    U君は早めに起きて、

    またシーバス釣ってました(笑)

     

    20191201_092953.jpg

     

    朝マヅメにかなり期待して時合を待ちます。

     

    が、

     

    まさかの何にもなし(笑)

     

    なにか小さいベイトが追われているのは

     

    見たのですがルアーには反応なしでした・・。

     

    その後平和な海をまったり眺めて

     

    20191201_093319.jpg

     

    魚をキープして

     

    20191201_093203.jpg

     

    のんびり帰着としました。

     

    20191201_093411.jpg

     

    この島についているベイトは

     

    小型なベイトが多く

     

    そういうルアーにバイトが偏る傾向があります。

     

    次は色々持っていくかなーと思うんですが、

     

    色々な釣りが中途半端になりそうで

     

    なかなか実行に移せない自分ですね。

     

     

    さて後日、

     

    別の友人がソロで島に。

     

    彼はトッププラッガーなので

     

    頑固にパンプキンを投げた模様(笑)

     

    20191201_094148.jpg

     

    2本、魚が応えてくれたようです。

     

    2人共おめでとう!

     

    また行きましょう!

     

    20191022_125258.jpg

    コメントはPC表示の時のみ閲覧、投稿可能です。

    スマホで当ブログを閲覧されており

    コメントを入れたいという優しい方は

    そのままサイト最下部までスクロールして頂き、

    PC表示に切り替えをタップしていただければ

    コメント投稿可能です。

    サイト閲覧履歴をクリアすると

    スマホ表示に戻す事ができます。

    よろしくお願いします。


    フィッシュキャリーバッグの結論

    0

      20191113_095655.jpg

       

      地磯への釣行時、

       

      割と色んな工夫や

       

      チョイスをされている1つが

       

      フィッシュキャリーバッグでしょう。

       

      自分の場合は泳いだりもしますし

       

      結構色々と見てきたつもりです。

       

      まず前提として

       

      磯への短時間釣行である事。

      そして車にはちゃんとした

      クーラボックスを置いてある事。

       

      となれば

       

      保冷力はそれほど重要ではありません。

       

      スズキ系ならストリンガーで

       

      帰る時まで繋いでおけますし。

       

      そういう使い方の場合は

       

      ドライバッグで充分です。

       

      もちろん、

       

      釣り具メーカーからも何点か出ていますね。

       

      ブルーストームや

      マズメ

      カミワザ

       

      自分は当初カミワザの

       

      20191113_094711.jpg

       

      フィッシュキャリーバッグDXを

       

      購入しましたが、

       

      結果、中のインナーは使わないし

       

      生地が若干薄い気がします。

       

      経年劣化もあるでしょうが

       

      20191113_094600.jpg

       

      接合部分付近はヒビ割れてきています。

       

      また豪華すぎるクッションが入ったベルトは

       

      一見良さそうですが海水に浸かると

       

      乾きにくいんですよね。

       

      そんな事もあって

       

      普段使いに同じタイミングで購入したのが

       

      20191113_094904.jpg

       

      中華製の60Lドライバッグ。

       

       

       

      これが素晴らしいレベルで頑丈!

       

      あまりに頑丈なので

       

      今は地磯やスイムもこれがメインに。

       

      背負っているとベルトが両外側に

       

      流れていくので

       

      カラビナで止めるとかちょっとした工夫は

       

      必要でしたが

       

      コスパに非常に優れております。

       

      もう長年使ってますが

       

      20191113_094753.jpg

       

      このレベルの傷み具合。

       

      まだまだ大丈夫(笑)

       

      という事で地磯用にもう1つ購入する事に。

       

      20191113_095104.jpg

       

      カミワザさんはこれでさようなら。

       

      では詳細を。

       

      20191113_095024.jpg

       

      バッグ上部は普通のロールアップですが

       

      泳いで浸水した事はありません。

       

      エア抜きバルブはあまり使いません。

       

      膨らませすぎた時に

       

      エアーを抜くのは便利ですが、

       

      上部の口で調整する方が早いです(笑)

       

      最初についているベルトは何の特徴もない

       

      普通のバンドです。

       

      先程も言った通り、着用しているとズレて

       

      肩から抜けそうになり、

       

      かけ直す動作が生じるので

       

      ライジャケのどこかで固定するか

       

      センターでカラビナやバンドでズレ防止を

       

      行うのが良いと思います。

       

      自分の場合は

       

      ライジャケのセンターバックルに

       

      くぐらせてズレないようにしています。

       

      同じ悩みを抱える方が多かったのかわかりませんが

       

      解決アイテムも最近は売られています。

       

      タイミングにもよりますが

       

      20191113_094412.jpg

       

      同製品には先程の対策品の様なオプションベルトも

       

      別売で存在します。

       

      [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

      ドライバッグ 用 オプション ショルダーベルト
      価格:980円(税込、送料別) (2019/11/16時点)

       

       

      クッションパッドはついているものの

       

      薄っぺらいのでまぁ、

       

      ないよりマシ程度。

       

      逆にすぐ濡れても乾きます。

       

      特筆すべきは

       

      20191113_094340.jpg

       

      ベルトをセンターで止められる為、

       

      先程いったベルトが肩から抜け落ちる

       

      心配がなくなります。

       

      釣りメーカーの物は

       

      外部に色々とポケットあったり

       

      ホルダー的な物があったりしますが

       

      そもそも地磯釣行は道具の数を減らしますし。

       

      そこに1万以上出す価値がないかと思います。

       

      だって。

       

      この中華製ドライバッグは

       

      オプションベルト合わせても

       

      20191112_174639.jpg

       

      5000円しないんだもの(笑)

      (2019年11月時点)

       

      コスパは正義!

       

      使い勝手は非常に良いです。

       

      ブリクラスも入れていますが

       

      なんなく収容可能です。

       

      釣り用ではないですがオススメの1品です!

       

      20191022_125258.jpg

      コメントはPC表示の時のみ

      閲覧、投稿可能です。

      スマホで当ブログを閲覧されており

      コメントを入れたいという優しい方は

      そのままサイト最下部までスクロールして頂き、

      PC表示に切り替えをタップしていただければ

      コメント投稿可能です。

      サイト閲覧履歴をクリアすると

      スマホ表示に戻す事ができます。

      よろしくお願い申し上げます。


      RBBタイドウォームジャケット インプレ

      0

        20191106_231923.jpg

         

        これから北西風の吹く季節。

         

        やはり欲しくなるのは防寒着。

         

        基本ウェーダーの着用が多いので

         

        防寒できる

         

        ウェーディングジャケットが

         

        欲しくて購入してしまいました。

         

        20191106_231553.jpg

         

        RBBタイドウォームジャケット。

         

        [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

        リバレイ 8772 RBB タイドウォーム ジャケット II RIVALLEY RIV8772
        価格:13904円(税込、送料無料) (2019/11/16時点)

         

         

        結構前の同社製ウォームジャケットも

         

        所有しているんですが

         

        今も現役で使用中。

         

        ですが、

         

        たまに波を軽く受けてしまう事があり、

         

        車中泊釣行時に予備なければ辛いなぁ。

         

        と思い購入しました。

         

        ポケットはこのように

         

        20191106_232810.jpg

         

        ライジャケ装着時に

         

        20191106_232735.jpg

         

        アクセスしやすいように

         

        位置を考えられていると 思います。

         

        ジッパー部もプラ製で

         

        20191106_232043.jpg

         

        錆びへの対応策も見えます。

         

        さて一番オススメな部分ですが

         

        20191106_232118.jpg

         

        この丈!

         

        ウェーダーを併用しての着用になると

         

        これ以上短いと寒い

        これ以上長いと

        浸水が気になったりしますが

         

        とにかく言いたいのは

         

        基本的に寒さを凌ぐだけなら

         

        ワークマンの防寒着等でも

         

        良いと思うんです。

         

        しかし、

         

        やはり釣りメーカーの物は

         

        手首からの海水侵入を防ぐ仕組みだったり

         

        ウェーディング考慮した丈など

         

        考えられています。

         

        20191106_232420.jpg

         

        で、

         

        前回の記事の友ヶ島釣行の時に

         

        実は着用していました。

        記事は→コチラ

         

        ずばり暖かい!

         

        というか暖かすぎる!

         

        逆に汗をかくレベル(笑)

         

        そのくらいの保温力があるので

         

        着用時はインナーを自分なりに

         

        考える必要があると思いますよー

         

        20191022_125258.jpg

        コメントはPC表示の時のみ

        閲覧、投稿可能です。

        スマホで当ブログを閲覧されており

        コメントを入れたいという優しい方は

        そのままサイト最下部までスクロールして頂き、

        PC表示に切り替えをタップしていただければ

        コメント投稿可能です。

        サイト閲覧履歴をクリアすると

        スマホ表示に戻す事ができます。

        よろしくお願い申し上げます。


        友ヶ島ソルトルアーセカンドアタック!

        0

          20191112_162027.jpg

           

          少しづつ冬に近づきつつある昨今

           

          Nobは何してるのかというと

           

          以前モモさんと開拓した

          記事は→コチラ

           

          友ヶ島のポイントにアタックする事に。

           

          20191112_162646.jpg

           

          今回はマズメ時に狙う為、

           

          泊まりでの釣行です。

           

          20191112_162611.jpg

           

          夕マヅメ時は穏やかな海。

           

          友人がハマチを1本上げて終了。

           

          みるみるうちに暗くなります。

           

          20191112_162430.jpg

           

          流石無人島。

           

          この日は月明かりがでていましたが

           

          普段は真っ暗であることがわかります。

           

          風と波が強くなってくるなか

           

          腹が減ってはなんとやらで夕食に。

           

          20191112_162458.jpg

           

          現地でお湯を沸かしての

           

          カップ麺や焼きそばですが

           

          格別に美味い!

           

          食後のコーヒーを飲んでから

           

          ナイトゲー厶のスタートです!

           

          というタイミングで

           

          鹿の猛襲!

           

          20191110_131851.jpg

           

          友人が普通に置いていた

           

          おにぎりの犠牲はあったものの

           

          なんとか帰って頂き(笑)

           

          再度釣りに。

           

          自分は探るつもりでシャロー場に。

           

          友人はディープ隣接エリアに。

           

          もう一人はイカを狙いに行方不明(笑)

           

          すると。。。

           

          20191112_161621.jpg

           

          友人が75僂離掘璽丱垢鬟殴奪!

           

          20191112_162246.jpg

          ※画像は朝撮り直した物です

           

          海で釣るのは初めてという事で

           

          焦りもあったのか、

           

          ランディング時に手から流血。。

           

          ですが良いコンディション!

           

          おめでとう!と握手します。

           

          その後仮眠を取るんですが

           

          波の音が凄くてろくに眠れません(笑)

           

          でも眠気が限界を迎え

           

          うつらうつらしてるときに

           

          再度鹿の猛襲!(笑)

           

          ライトで追い返してみるものの

           

          もう眠れません(笑)

           

          そんなこんなで朝マヅメを迎え

           

          やっとの事で自分にもバイト!

           

          ですが。。

           

          小型の可愛い青物(泣)

           

          そうこうしていると

           

          友人にビッグバイトが!

           

          時間をかけて

           

          危うげな場面もありましたが

           

          自力でキャッチ!

           

          20191112_162154.jpg

           

          85僂離屮!!

           

          悔しいーー(笑)

           

          でも自分の選択したポイントは

           

          間違えてなかったと安堵しました。

           

          おめでとう!と握手をして

           

          20191112_162356.jpg

           

          まったりした時間に。

           

          20191112_162530.jpg

           

          あまりに海が荒れたので

           

          迎えの船が怪しかったですが

           

          無理して迎えにきてくれました。

           

          20191112_162719.jpg

           

          帰りの船は結構揺れましたねー。

           

          20191110_074601.jpg

           

          今回自分には引き運なかったですが

           

          また近い内にチャレンジしたいと思います!

           

          20191112_172009.jpg

           

          あ、

           

          あと以前記事に書いた

          記事は→コチラ

           

          RBBクロロプレンウェーダーですが

           

          今回着用しました。

           

          かなり暖かいですね!

           

          関西ではまだ着用早いです(笑)

           

          動きに関しては動きやすいですし

           

          ウェーディングしても

           

          ブーツの変形が少なく、

           

          足が苦しい事もない。

           

          なのに歩く時は柔軟なブーツ。

           

          以前よりかなり良くなっていますねー。

           

          20191022_125258.jpg

          コメントはPC表示の時のみ

          閲覧、投稿可能です。

          スマホで当ブログを閲覧されており

          コメントを入れたいという優しい方は

          そのままサイト最下部まで

          スクロールして頂き、

          PC表示に切り替えを

          タップしていただければ

          コメント投稿可能です。

          サイト閲覧履歴をクリアすると

          スマホ表示に戻す事ができます。

          よろしくお願い申し上げます。


          RBBクロロプレンウェイダー インプレ

          0

            20191102_111917.jpg

            寒くなりつつある今日この頃。

             

            これから活躍するのは

             

            なんと言ってもウェーダー。

             

            防寒着代わりにもなるので

             

            真冬になってくると

             

            クロロプレンウェーダーは

             

            自分にとって手放せないアイテムです。

             

            今までダイワのネオプレンウェーダーを

             

            使用していましたが、

             

            股の部分から水漏れ。。。

             

            自分的にウェーダーは修理しない。

             

            という考えがあり、

             

            買い換える事に。

             

            というのが、

             

            補修はあくまで補修。

             

             

            以前にした事はあるんですが

             

            結局同じ所がまた漏れたり

             

            補修部はうまくいっても

             

            新たな部分が漏れたりと

             

            ストレスが貯まります。

             

            なのでライジャケ同様

             

            消耗品として比較的安価に購入できる

             

            クロロプレンウェーダーを探していました。

             

            そこでやはり目に入ったのが

             

            20191102_111305.jpg

            RBBクロロプレンウェーダー。

            定価25000円。

             

            その理由について書く前に

             

            まずウェーダーにおいて大事な事から

            話したいと思います。

             

            水に濡れない事

            脱ぎ履きしやすい事

            トラブルの際のアフターサービス。

             

            だと思っています。

             

            まずシーリングタイプのジップを採用している

             

            ウェーダーがありますが

             

            素晴らしいアイデアです。

             

            しかし、

             

            あのジップは

             

            完全防水を謳っているジップではありません。

             

            ウェーダーレベルの水圧なら

             

            大丈夫程度の物ですので、

             

            砂が噛んだり、

             

            なにかあれば

             

            すぐにトラブルの原因になりえる部分。

             

            自分はそこに

             

            お金を掛ける気になりませんでした。

             

            だって。。。

             

            20191102_125439.jpg

             

            ん?わからなかった?もう一回。

             

            20191102_125545.jpg

             

            大事な事なので2回目(笑)

             

            20191102_125703.jpg

             

            さて次の議題に(笑)

             

            よく見かける、

             

            動きやすい!

             

            という謳い文句で売っている

             

            タイトデザインの物ですが

             

            以前使っていた

             

            ダイワの物もそのタイプでした。

             

            確かにまぁ動きやすいんです。

             

            ただ脱ぎ履きの時に

             

            少しだけ引っ張ったりする事があります。

             

            ちょっとした事ですが

             

            そういう時に

             

            漏れの発生源の卵が

             

            産まれる可能性もあります。

             

            そもそも、

             

            ウェーダーで動くといっても

             

            大体の方はサーフ、河川。

             

            自分なんて磯歩きまでしますが

             

            ウェーダー着用時点で

             

            走ったりしませんし

             

            水の抵抗がなんたら言うのであれば

             

            正直安全の為に

             

            ポイントを変えた方が良いです。

             

            安全の観点で。

             

            次にアフターサービスですが

             

            修理サポートの工場が国内にある事。

             

            そういう観点で見ると

             

            あまりないのではないでしょうか。

             

            数年使った後なら仕方ないですが

             

            半年以内、1年以内の水漏れ等は

             

            一度メーカーに相談というのも

             

            全然アリなので気にしておいても良いと思います。

             

            これらをトータルして

             

            オーソドックスなデザイン

            脱ぎ履きしやすい余裕あるデザイン

            無難なフェルトピン仕様

            拠点が福井県にある

             

            そういう理由から

             

            RBB製品にしました。

             

            といっても心配要素はありました。

             

            以前リバレイのクロロプレンウェーダーは

             

            インナーソックスを使用する

             

            ブーツフットタイプでしたが

             

            実は所有していました。

             

            当時のブーツのゴム部分は硬めでした。

             

            その為、

             

            歩行の際にできる

             

            シワが割れに繋がり水漏れに発展。

             

            同じトラブルは多かったようで

             

            同じ声は聞きましたし

             

            メーカーのデザインも変わりました。

             

            では、

             

            今のモデルはどうでしょう?

             

            まずRBBの製品は

             

            今までの問題点や声などを

             

            ちゃんと反映していると思います。

             

            まず先程言ったブーツは

             

            20191102_111644.jpg

             

            柔らかいゴムになっていました!

             

            その素材の上でつま先の肉厚は持たせて

             

            水圧への対策をなされています。

             

            ソール部分もしっかりとした作りで好感が持てました!

             

            20191102_111553.jpg

             

            水漏れしやすいポイントである股部分も

             

            20191102_111512.jpg

             

            丁寧なシール対策。

             

            あと意外にうっとおしいのがベルトの余り。

             

            北西風が吹く時に着用する事が多いですが、

             

            余ったベルトがパタパタパタつくわけですよ。

             

            みんな気にならんのかなぁと

             

            思っていましたが

             

            20191102_111433.jpg

             

            ここも対応きちんとされているようです。

             

            素材は5mm厚のクロロプレン。

             

            ブーツ内部にも採用されています。

             

            5mmというとかなり暖かいです。

             

            関西の方では

             

            オーバースペックかもしれませんね(笑)

             

            この冬からフル活躍すると思うんで

             

            追記あればまた書きたいと思います!

             

            20191022_125258.jpg

            コメントはPC表示の時のみ

            閲覧、投稿可能です。

            スマホで当ブログを閲覧されており

            コメントを入れたいという優しい方は

            そのままサイト最下部までスクロールして頂き、

            PC表示に切り替えをタップしていただければ

            コメント投稿可能です。

            サイト閲覧履歴をクリアすると

            スマホ表示に戻す事ができます。

            よろしくお願い申し上げます。


            友ヶ島ロックショア下見に行ってきました!

            0

              20191102_105718.jpg

               

              紀淡海峡に浮かぶ無人島 友ヶ島。

               

              毎年、

               

              秋から冬にかけて

               

              和歌山の加太エリアには

               

              たくさんのアングラーが

               

              大物を求めてやってきます。

               

              そんな中、

               

              情報の少ない友ヶ島ってどうなんだろう?

               

              そう思い、明るい内に探索する事に。

               

              今回お付き合いしてくれたのは

               

              友人のモモさん。

              モモさんのブログはコチラ→モモの釣り気分

               

              朝マヅメはとある港湾で軽く釣りをしました。

               

              20191102_111006.jpg

               

              何回かお互いバイトがあり

               

              20191102_111148.jpg

               

              自分は青物をゲット。

               

              休憩を挟んで、

               

              20191102_110736.jpg

               

              いざ友ヶ島に!

              詳細はコチラ→友ヶ島汽船

               

              話には聞いていましたが

               

              観光客の多さに少し驚きました!

               

              20191102_110715.jpg

               

              自分らはAM10:00の船に乗船。

               

              20191102_110641.jpg

               

              約20分船に揺られて

               

              20191102_110436.jpg

               

              いざ友ヶ島に上陸!

               

              20191102_110557.jpg

              ↑画像はモモさん(笑)

               

              皆さんは砲台跡などを

               

              探索に行かれるようですが

               

              自分らは釣り(笑)

               

              目もくれず釣り場に向かいます。

               

              ある程度前準備で水深のある磯を

               

              調べていたので

               

              20191102_110348.jpg

               

              30分程歩いて磯へ。

               

              20191102_110140.jpg

               

              20191102_110223.jpg

               

              友ヶ島の水深がある磯は

               

              どこも険しく

               

              20191102_105922.jpg

               

              濡れずに行ける所は皆無。

               

              20191102_105903.jpg

               

              自分は乗船時から

               

              ウェットタイツ着用の格好でした。

               

              20191102_110035.jpg

               

              一発目のポイントの磯に行くも

               

              目の前のシモリが邪魔で釣りしづらい。

               

              しばらく投げましたが即座に移動。

               

              水に浸かりーの

               

              ロッククライミングやってーの

               

              20191102_105823.jpg

               

              20191102_110057.jpg

               

              先端に到着。

               

              潮が川の様に流れ、

               

              目の前には淡路島。

               

              20191102_105942.jpg

               

              モモさんがベラを釣った以外は

               

              釣果もなかったのですが

               

              マズメではまず魚は出るだろうと

               

              思うポイントでした。

               

              こういう時の昼めしは専ら

               

              カロリーメイト(笑)

               

              20191102_105845.jpg

               

              じゃあこの磯にマズメ時にこようぜ!

               

              と、なるのでしょうが

               

              ただこの友ヶ島。

               

              朝の船便は9:00

              夕方は4:30

               

              そうマズメを狙いたいなら

              泊まるしかないわけです。

               

              切り立った磯が多いので

               

              安定した寝床を作るには向いていないし、

               

              波が駆け上がってくる

               

              形状の磯が多いので

               

              難しいなーという印象。

               

              またキャンプ場があるのですが

               

              キャンプ場の利用は10月末まで。

               

              思っているタイミングでは利用できない。

               

              まったりやるには水深があり

               

              かけ上がりの複合する

               

              20191102_110312.jpg

               

              ゴロタサーフが良いというのが

               

              最終的な判断でした。

               

              といっても、

               

              そういうポイントは少ないんですけど(汗)

               

              というのが、

               

              友ヶ島は浅い岩場が張り出した地形が多く、

               

              ドロップオフしている所まで

               

              ルアーを届かせる事が

               

              難しいポイントがほとんど。

               

              これは水深図をみないと

               

              わからないかもしれませんね。

               

              てなわけで

               

              自分的にはココ!

               

              というポイントがわかったので

               

              近い内に泊まりでチャレンジしたいと思います!

               

              20191022_125258.jpg

              コメントはPC表示の時のみ閲覧、投稿可能です。

              スマホで当ブログを閲覧されており

              コメントを入れたいという優しい方は

              そのままサイト最下部までスクロールして頂き、

              PC表示に切り替えをタップしていただければ

              コメント投稿可能です。

              サイト閲覧履歴をクリアすると

              スマホ表示に戻す事ができます。

              よろしくお願い申し上げます。


              雨後の疑似餌遊戯

              0

                20191020_163558.jpg

                 

                久々の釣行記事です(笑)

                 

                大型台風の襲来で

                大きな被害が出ているのを見て、

                 

                あ、河川の増水パターン!

                 

                とか、

                 

                そういう気持ちにもなれず

                 

                過ごしていましたが、

                 

                またもや短期間の雨が振り

                 

                仕事のストレスも感じていたので

                 

                今のタイミングでできる釣りを求め

                 

                出かける事にしました。

                 

                この日は用事もあって夕マズメからの釣り。

                 

                まずは小規模河川の河口で釣りをする事に。

                 

                20191020_163101.jpg

                 

                雰囲気もよく、

                 

                これは出るかな!?

                 

                と期待もむなしく

                 

                日没後も粘りましたがノーバイト

                 

                続いて、

                 

                河川でのナイトゲームをするべく移動。

                 

                今回はリバーゲーム初体験の友人も

                 

                一緒に釣行。

                 

                夜中の河川にコソコソと出撃

                 

                まずは上流域を攻めます。

                 

                なんの反応もないのだけれど

                 

                気持ちが洗われていくのを感じ

                 

                やっぱ釣り行かないとダメだなぁとしみじみ。

                 

                潮位が下がるタイミングに合わせて

                 

                下流のポイントに移動。

                 

                時期としては落ち鮎の時期。

                 

                ですが保険として

                 

                イナッコのパターンも考えておきたい。

                 

                ベイトを探しますが、

                 

                パッと見では確認できません。

                 

                思っている潮位のタイミングになったら

                 

                騒ぎだすかなと

                 

                勘でポイントを 決めます。

                 

                友人はイナッコを探してルアー投入

                 

                自分は落ち鮎についている個体を探して

                 

                流芯にルアーを投入。

                 

                使用したルアーは大きめの

                 

                20191020_025640.jpg

                 

                ダイワ クロスウェイク 140SSR

                 

                この為、

                 

                ロッドもMパワーを使用

                 

                20191020_025712.jpg

                 

                ラインもPE1.2号にリーダー10号と

                 

                割にパワフルなセッティングに。

                 

                トレースコースを変えながら探るもノーバイト。

                 

                思っている潮位のタイミングまで

                 

                休憩しているとベイトが騒いできました。

                 

                このタイミングで再度同じメソッドを再開します。

                 

                 

                流芯からターンさせて

                 

                動き出す刹那

                 

                 

                ガガッとバイト!

                 

                 

                食いは浅かった気がしましたが

                 

                さすが3フックセッティング

                 

                ガッチリ魚を捉えて御用

                 

                20191020_025457.jpg

                 

                元気な64cmでした!

                 

                友人も小型ながら1本トップで出し、

                 

                20191020_015429.jpg

                 

                サイズだけではない獲ったという

                 

                リバーシーバスの醍醐味をわかった所で納竿。

                 

                満足のいく釣行は

                 

                最近あまりできていませんが

                 

                今年の冬は大きくポイントを探って

                 

                新しい展開を考えてます。

                 

                自分にとっての本番はこれから!

                 

                夏〜秋は低空飛行でしたが

                 

                めげずにいきたいと思います!

                 

                20191022_125258.jpg

                コメントはPC表示の時のみ閲覧、投稿可能です。

                スマホで当ブログを閲覧されており

                コメントを入れたいという優しい方は

                そのままサイト最下部までスクロールして頂き、

                PC表示に切り替えをタップしていただければ

                コメント投稿可能です。

                サイト閲覧履歴をクリアすると

                スマホ表示に戻す事ができます。

                よろしくお願い申し上げます。


                パッとしない秋

                0

                  20190915_161533.jpg

                   

                  久々の記事になって申し訳ありません。

                   

                  最近は肌寒いタイミングも出てきて

                   

                  すっかり秋なのですが。。

                   

                  海水温の降下は遅いようで

                   

                  イマイチな状況が続いております。

                   

                  さてNobは釣り行ってないん?

                   

                  そう言われても不思議ではない

                   

                  レベルのブログになってしまっていますが

                   

                  実はちょこちょこ行っています。

                   

                  20190915_155107.jpg

                   

                  しかしながら良い魚が全く釣れず。。

                   

                  20190915_155033.jpg

                   

                  自分自身少しやる気が

                   

                  削がれてさえいる状況です(汗)

                   

                  タチウオ→スズキ→青物などの

                   

                  マルチな釣りを楽しめるはずの季節ですが、

                   

                  タチウオはイマイチ。。

                   

                  スズキもあんまり。。

                   

                  青物はサイズアップできず。。。

                   

                  そんな感じの状況が続いております。

                   

                  最近は友人と釣りに行く事もあって

                   

                  20190928_072222.jpg

                   

                  20190929_102812.jpg

                   

                  20190915_161631.jpg

                   

                  みんな揃って同じようなサイズの青物を

                   

                  釣るのが精一杯(笑)

                   

                  台風の後や、

                   

                  大雨の後には河川に行ったりもするんですが

                   

                  20190915_155153.jpg

                   

                  20190915_161428.jpg

                   

                  これまた結果が伴わず。。(9月のお話)

                   

                  ここ近年の中でもかなり不調です。

                   

                  これからぐっと冬型の季節感に

                   

                  なっていくと思うので

                   

                  大型に出会えればと思っております。

                   

                  こういう時は釣り以外の事をするのが良い!

                   

                  そう思っているNobは

                   

                  愛車のランプをLEDに変えてみたり・・

                   

                  20191003_000419.jpg

                   

                  20191003_000342.jpg

                   

                  20191003_000306.jpg

                   

                  20191003_000248.jpg

                   

                  20191003_000109.jpg

                   

                  カフェ開拓して

                   

                  20190915_154806.jpg

                   

                  20190915_154827.jpg

                   

                  美味しいカレー食ったりー

                   

                  20190915_161702.jpg

                   

                  そういう事もやってたり(笑)

                   

                  そういう時もありますよねー(笑)

                   

                  20190720_152400.jpg

                  コメントはPC表示の時のみ閲覧、投稿可能です。

                  スマホで当ブログを閲覧されており

                  コメントを入れたいという優しい方は

                  そのままサイト最下部までスクロールして頂き、

                  PC表示に切り替えをタップしていただければ

                  コメント投稿可能です。

                  サイト閲覧履歴をクリアすると

                  スマホ表示に戻す事ができます。

                  よろしくお願い申し上げます。


                  湯の原温泉オートキャンプ場に行ってきました!

                  0

                    20190814_063433.jpg

                     

                    皆様お久しぶりです(;^ω^)

                     

                    仕事内容の変化や色んな事がわんさかあって

                     

                    ついつい更新を後回しにしていたら一か月程

                     

                    ブログをお休みしてしまっていました<(_ _)>

                     

                    もう先月の内容ですが、これから同じ場所にキャンプにいく

                     

                    方には参考になると思いますので記事にしたいと思います。

                     

                    さて、

                     

                    8/11〜14にかけて3泊4日キャンプに行ってきました!

                     

                    お盆休みを利用してのキャンプは毎年恒例です。

                     

                    暑い真夏のキャンプなので

                     

                    できるだけ涼しげな場所をセレクトします。

                     

                    例年は飛騨等に出かけていましたが

                     

                    今回は兵庫県豊岡市の方の

                     

                    湯の原温泉オートキャンプ場

                    詳細は→コチラ

                     

                    という所に行く事にしました!

                     

                    というのも、立地が良いんですよね。

                     

                    買い物する場所まで遠くはないし

                     

                    キャンプ場内に温泉があるのは

                     

                    かなり嬉しいポイントです。

                     

                    大体早めに到着して受付でアーリーで入れないか相談

                    OKがでて早めの設営

                     

                    という流れなんですが今回は人が多くてダメ(汗)

                     

                    仕方ないので本来のチェックインする時間まで

                     

                    日本海の方にドライブする事にしました。

                     

                    20190814_052811.jpg

                     

                    日本海の絶景を見てから

                     

                    帰りにクラフトビールと燻製のお店があったので

                     

                    寄り道して買い物(笑)

                    買い物したお店は→KINOSAKI GUBIGABU SMOKE

                     

                    時間も良い頃合いになったので

                     

                    いざ湯の原オートキャンプ場に!

                     

                    20190811_160046.jpg

                     

                    フリーサイトの広さは入る所によりますが

                     

                    自分らが予約していたサイトは割と広く、

                     

                    のんびりできました。

                     

                    今回からクラシックギターも仲間入り。

                     

                    20190814_052720.jpg

                     

                    長男がポロンポロン弾いておりました。

                     

                    園内に温泉があるので車に乗る必要がない。。。

                     

                    20190814_052638.jpg

                     

                    となると

                     

                    プシュっと開けちゃいますよね(笑)

                     

                    最近ホワイトベルグにハマっております!

                     

                    温泉も良く、良いサイトなんですが

                     

                    思ったより暑い。。。。 涼しくない(笑)

                     

                    それでも炭をおこして

                     

                    20190814_052528.jpg

                     

                    お肉焼きまくりです!

                     

                    20190814_053906.jpg

                     

                    ご飯も進み、

                     

                    早々に休んで

                     

                    2日目!

                     

                    暑い日中をどう過ごすか?

                     

                    答えはこれ。

                     

                    20190814_052014.jpg

                     

                    湯の原オートキャンプ場近辺には

                     

                    川遊びポイントがあります。

                     

                    20190814_051927.jpg

                     

                    めちゃ気持ちいい!

                     

                    ざばーっと泳ぐようなポイントは少ないですが

                     

                    逆にいうと溺れる心配や流される心配が少ないので

                     

                    お子様連れで涼を感じるには丁度良いと思います。

                     

                    20190814_052044.jpg

                     

                    さて、この日は同じ炭焼きでも

                     

                    20190814_051814.jpg

                     

                    20190814_051840.jpg

                     

                    金目鯛の干物

                    ホッケ

                    サバのみりん漬け

                    ホタテ

                     

                    などを焼きます。

                     

                    見た目豪勢さはないかもですがやはり日本人。

                     

                    コメにめっちゃ合うんですよね。

                     

                    日本酒にも最高に合います。

                     

                    さて連泊すると暇な日が出てきそうですが

                     

                    ここ湯の原温泉オートキャンプ場付近は

                     

                    ボチボチ散策できるポイントがあります。

                     

                    次の日に行ったそんな所がここ。

                     

                    20190814_053839.jpg

                     

                    出石城下町

                     

                    小京都と言われる散策エリアで

                     

                    食べ歩きもできる楽しいポイントです。

                     

                    まずは出石城跡にウォーキング

                     

                    20190814_051613.jpg

                     

                    厳かな雰囲気を感じながら歩いていくと

                     

                    開けた場所が。

                     

                    20190814_051529.jpg

                     

                    城跡ですね。

                     

                    20190814_051458.jpg

                     

                    景色が綺麗!

                     

                    引き返して、当初から狙っていた

                     

                    狩野牧場さんのアイスを食べにいきました!

                     

                    20190814_051330.jpg

                     

                    色んなメニューがあり

                     

                    自分は丹波の黒豆を選びましたが

                     

                    20190814_051258.jpg

                     

                    美味しい!オススメです!

                     

                    その後画像は撮れてませんが名物の出石そばを頂き、

                     

                    但馬の郷というお店で但馬牛コロッケを食べつつ

                     

                    但馬牛の燻製等ハム類をゲット。

                     

                    サイトに戻り最後の夕飯です。

                     

                    20190814_052203.jpg

                     

                    次の日は撤収なのであまり

                     

                    汚れ物を出さないメニューにしました。

                     

                    20190814_051059.jpg

                     

                    キーマカレーをパンにつけて。

                     

                    美味しー!

                     

                    ワインを飲みつつ大人の時間に。

                     

                    以前記事にて紹介した激安タブレット

                     

                    amazon fire7 

                     

                    に映画をダウンロードさせていたので

                     

                    20190814_050933.jpg

                     

                    映画視聴しながら。。。

                     

                    20190814_050752.jpg

                     

                    各店舗でゲットした燻製等を

                     

                    ちまちまつまんでワイン飲み。

                     

                    気持ちよくぐっすり眠りました。

                     

                    暑かったけど(笑)

                     

                    次の日の朝はぎりぎり雨降りに合わず、

                     

                    撤収できました。

                     

                    20190814_051743.jpg

                     

                    撤収作業で流した汗を温泉で流し

                     

                    朝食兼昼食をキャンプ場内のレストランで

                     

                    頂いてから和歌山に帰りました!

                     

                    20190814_114030.jpg

                     

                    ここのグリーンカレーが絶品!!

                     

                    20190814_222712.jpg

                     

                    めっちゃくちゃ美味しかったです!

                     

                    オススメですね!

                     

                    夜にはテント上にホタルが飛んできたり

                     

                    自然の美しさ溢れる良いキャンプ場でした!

                     

                    トイレやシンク等も綺麗でしたよ!

                     

                    今度はもう少し涼しい時に来たいなと思いました。

                     

                    20190720_152400.jpg

                    コメントはPC表示の時のみ

                    閲覧、投稿可能です。

                    スマホで当ブログを閲覧されており

                    コメントを入れたいという優しい方は

                    そのままサイト最下部までスクロールして頂き、

                    PC表示に切り替えをタップしていただければ

                    コメント投稿可能です。

                    サイト閲覧履歴をクリアすると

                    スマホ表示に戻す事ができます。

                    よろしくお願い申し上げます。


                    コアマン VJ-28の代用品を考察!

                    0

                      20190723_184957.jpg

                       

                      いやーコアマンさんの

                       

                      VJシリーズ売れてますね!

                       

                      こちら和歌山でも売り切れ状態。。

                       

                      20190721_181607.jpg

                      画像:コアマンHP

                       

                      20190721_181542.jpg

                      画像:コアマンHP

                       

                       

                      今までの自分であれば、

                       

                      ふーん位のもんですが

                       

                      以前のTAKUさんとの釣行で

                      記事は→コチラ

                       

                      コアマンVJシリーズの凄さを目の当たりにし、

                       

                      他サイトでも言われている戦闘力は

                       

                      本物なんだと実感。

                       

                      今までソフトベイトの釣りは

                       

                      敬遠していた所があったのですが

                       

                      そんないらないプライドは

                      吹っ飛んでいきました(笑)

                       

                      今まで自分のルアーローテは

                       

                      ミノー(ウォブルタイプ)

                      ミノー(ロールタイプ)

                      トッププラグ

                      ジグもしくはメタルバイブ

                       

                      という流れで

                       

                      ミノーを主体に釣りを進めて、

                       

                      朝マズメからデイに移行するにつれて

                       

                      レンジを落とし、

                       

                      サイズも小さく動きは早く。。

                       

                      という流れでした。

                       

                      これは皆さんも同じようなものだと

                       

                      思うのですが、

                       

                      デイの最後にソフトベイトを組み込んで

                       

                      可能性を広めたいのが目的です。

                       

                      ただ自分にとって

                       

                      コアマン VJシリーズの

                      難点を挙げていくと

                       

                      1 コストが高すぎる

                      2 フックが弱すぎる

                      3 ウェイト幅が物足りない

                       

                      があります。

                       

                      まず、

                       

                      自分のポイントでいうと磯が主体です。

                       

                      ルアーのロスト率も高いであろう事は

                       

                      想像に難しくないのですが

                       

                      1個ジグヘッド消える度に

                       

                      1500円は泣きそうになります(笑)

                       

                      次にフック。

                       

                      磯ではシーバスだけではなく

                       

                      青物も来るかもしれません。

                       

                      フック強度は少し上げたい所。

                       

                      更にウェイト。

                       

                      22g、28gが 自分としては

                       

                      使いどころになると思いますが、

                       

                      潮流が流れる磯場ではこれでも軽い。

                       

                      ヒラスズキロッドでも扱うと思うので

                       

                      40g前後もラインナップとして欲しい所。

                       

                      逆に良い所を言うと

                       

                      1 2フックセッティングである

                      2 低重心設計である

                      3 アイポジションが後方にある

                       

                      これらの事から浮き上がりを抑えた

                       

                      設計のジグヘッドと思います。

                       

                      ただVJシリーズの釣力はやはり

                       

                      デカカリシャッドの逆付けによるアクション、

                       

                      またそこからくる動きの破綻による

                       

                      千鳥アクションであると思っています。

                       

                      これらを総合して、

                       

                      色々なメーカーのジグヘッドを見たところ、

                       

                      20190723_173624.jpg

                       

                      オンスタックルさんの

                       

                      ZZヘッドがただ巻きにおいても

                       

                      良いのではと感じました。

                       

                      20190721_181205.jpg

                       

                      画像に書いていますが

                       

                      低重心設計でアクションを生み出しやすい

                      三角形ヘッド。

                       

                      昔スピナーベイトでも流行った形状です。

                       

                      又、

                       

                      アイポジションが後方についており

                       

                      ダートを意識したのでしょうが

                       

                      結果浮き上がりにくいデザインに

                       

                      なっていると思います。

                       

                      更にウェイトですが

                       

                      1.5オンスが存在します!

                       

                      約42gを使用する事で

                       

                      磯場でもボトムを取りやすくなると

                       

                      思われますし、

                       

                      今まで攻めきれていない聖域まで

                       

                      届かせる事ができるかもしれません。

                       

                      ただ、

                       

                      問題はワンフックであること。。

                       

                       

                      次にこの画像を見てください。

                       

                      20190721_180411.jpg

                      画像:バディーワークスHP

                       

                      バディーワークスさんの

                       

                      フラッグヘッドですが

                       

                      このフックセッティングは

                      画期的だと感じました!

                       

                      強度も保持できそうです。

                       

                      このサルカンを使ったセッティングを

                       

                      採用する事にしました。

                       

                       

                       

                      少し話が脱線しますが、

                       

                      このバディーワークスさんの

                       

                      フラッグヘッド と フラッグシャッド の

                       

                      組み合わせによる逆付けセッティングも

                       

                      アリだと思っていて

                       

                      実はメーカーさんにも、メールにて意見を

                       

                      聞かせて頂きました。

                       

                      20190723_173814.jpg

                      画像:バディーワークスさんからの回答

                       

                      メールの返信を抜粋すると

                       

                      サーフでの使用を想定しているので

                      その使用感の中で

                      逆付けセッティングも試して

                      いらっしゃるそうで効果は

                      あまり変わらない。

                      ただ揚力の問題があるので

                      浮き上がりを重視するなら下向き

                      レンジキープをしたいのであれば逆付け。

                      また逆付けによる若干の

                      イレギュラーアクションを発生させる

                      事はある

                       

                      という回答でした。

                       

                      バディーワークスさん、

                      丁寧な回答ありがとうございました!

                       

                       

                       

                      さて話は戻りますが

                       

                      今回組み上げるヘッドのフックは

                       

                      fimoさんのMHフックを採用。

                       

                      番手もVJシリーズのデフォルト

                       

                      ♯8から♯6にサイズもアップ。

                       

                      20190723_173334.jpg

                       

                      これらをまとめて組み上げたのが

                       

                      これ。

                       

                      20190723_172936.jpg

                       

                      Nobヘッドとでも言いましょうか(笑)

                       

                      20190723_173219.jpg

                       

                      20190723_173034.jpg

                       

                      20190723_173126.jpg

                       

                      フックポジションも比較的、

                       

                      アクションを妨げないであろう範囲で

                       

                      後方にセットできるようになりました。

                       

                      できるだけ口の深い所にフッキング

                       

                      できたらと思っていますが。。。

                       

                      これから積極的に使って

                       

                      良いところ、悪いところを

                       

                      調査していきたいと思います!

                       

                      自分の場合ですが

                       

                      5/8オンス

                      3/4オンス

                      1オンス

                      1.5オンス

                       

                      のラインナップで考えています。

                       

                      又、ウェイトのラインナップに

                      問題がなければ

                      バディーワークスさんの

                      フラッグヘッド、フラッグシャッド も

                      良いんじゃないかと 思います。

                       

                      ソフトベイトのセッティングは

                       

                      個人個人の色んなセッティングがあって、

                       

                      そういう所が楽しい所でも

                       

                      あると思いますので

                       

                      皆さんもこれを読んで参考になれば 幸いです。

                       

                      20190720_152400.jpg

                      コメントはPC表示の時のみ

                      閲覧、投稿可能です。

                      スマホで当ブログを閲覧されており

                      コメントを入れたいという優しい方は

                      そのままサイト最下部まで スクロールして頂き、

                      PC表示に切り替え をタップしていただければ

                      コメント投稿可能です。

                      サイト閲覧履歴をクリアすると

                      スマホ表示に戻す事ができます。

                      よろしくお願い申し上げます。


                      | 1/19PAGES | >>